Qt 5 のサポートアーキテクチャの今後

Qt5 の QAtomicIntQAtomicPointer では Qt4 とのソース互換性が無いことを受けて、新しい QAtomic 系クラスに対応していないアーキテクチャへのサポートの将来的な停止が Qt Core モジュールのメンテナである Thiago Macieira から提案されました。

現在その対象となっているのは以下のアーキテクチャです。

  • Integrity
  • VxWorks
  • Alpha
  • Blackfin
  • POWER and PowerPC
  • S/390
  • SH-4a
  • SPARC

メールでは 5.1 で利用停止を推奨し、5.2 で古いコードの削除が提案されています。もっとも、削除した場合でも C++11 の std::atomic や gcc の機能を使った実装があるため、それらのアーキテクチャでは全く動かないということにはならないようです。

コメントを残す