Qt Developer Days 2012 North America まとめ

2012/12/6 – 7 と Santa Clara で開催された Qt Developer Days 2012 North America に参加してきました。イベントの全体的な感想をこの記事に書こうかと思います。キーノートや特に面白かったセッションの感想は以下の記事に書いていますので、そちらを参考にしてください。

Dev Days 自体への参加が二年ぶり、アメリカでの Qt Dev Days への参加は三年ぶりとなるので昨年との比較は難しいところですが、Nokia の撤退と、準備期間の短さなどから少し規模は小さくなったのかなという感じでした。雰囲気的にも Qt 5.0.0 のリリース直前というのも関連してか比較的落ち着いている感じがしました。これまでと違うところは、テクニカルトラック・ビジネストラックという区分けがなくなったこと、セッションを話す人が非常にバリエーション豊かになったところでしょうか。セッション公募の影響も大きいのでしょう。KDAB, ICS, Digia といった主催の人はもちろん、Blackberry や Open WebOS、オープンソースコミュニティからは KDE による多数のセッションも開催され、BoF もいくつか開催されていました。

多少の変化は感じましたが、大体の所は今までの Qt Dev Days だった感じです。Nokia 撤退後の混乱もようやく落ち着いてきた感じなのでしょうか。とはいえ顔ぶれも大きく変わりました。あらたな Qt の始まりとして今後も続けていってもらえればと思います。

最後に、資料関連の記事を。

コメントを残す