Qt 5.5 アルファ版リリース

Qt 5.5 アルファ版がリリースされました。

アルファ版のため、ソースのみのリリースです。使用にはコンパイルが必要です。

5.5 の主な変更点は以下の通りです。

  • 新モジュール: Qt 3D 2.0(テクノロジープレビュー版)
    待望されていた Qt 3D がようやくリリースされます。とはいえまだテクノロジープレビュー版ですので、お試し用です。
    Qt 3D 2.0 に関しては ドキュメントKDAB のブログ を参照してください。
  • 新モジュール: Qt Canvas 3D
    Qt 5.4 でテクノロジープレビュー版としてリリースされていた Qt Canvas 3D が正式にリリースされます。
    こちらは同じ 3D 関連といっても WebGL の QML 版といった位置付けのため、よりローレベルな API となります。
    基本的には HTML5/WebGL からの移植用と考えてください。
  • 新モジュール: Qt Location(テクノロジープレビュー版)
    Qt Location もテクノロジープレビュー版としてリリースされます。
    Qt Positioning と混同されがちなモジュールですが、位置情報を扱うのが Qt Positioning で、地図や経路情報を扱うのが Qt Location となります。
  • 新機能: Qt Core
    QObject を継承していないクラスでメタオブジェクトシステムを使うための Q_GADGET で、Q_PROPERTY, Q_INVOKABLE が使用可能になりました。
    また、従来の Q_ENUMS とは別に Q_ENUM マクロも追加されました。Q_ENUM でメタオブジェクトシステムに登録された列挙型はQVariant や qDebug() での出力時に文字列で扱うことが出来ます。
  • 新機能: Qt Multimedia
    • GStreamer 1.0 のサポート
      ようやく GStreamer 1.0 系がサポートされましたが、デフォルトは未だに 0.10 系となります
    • OpenCV を用いたビデオフィルタや OpenCL, CUDA を用いた計算用 API
    • カメラのファインダー制御用 API
    • iOS サポートの改善
  • 新機能: Qt Quick
    Qt Quick Controls に TreeView が追加されました。
    また、商用版の Qt Quick Enterprise Controls が QtQuick.Extras としてオープンソース版でも利用可能になりました。
    この他にパフォーマンス関連の改善等が行われています。
  • 新機能: Qt WebEngine
    Chromium 40 ベースにアップデートされ、ファイルのダウンロード、位置情報のサポート、キャッシュやクッキーの制御などの API が整備されました。
  • 新機能: Qt WebView
    OS ネイティブのコンポーネントを使う QML 用の HTML エンジンです。
    これも 5.4 でテクノロジープレビュー版だったので、新モジュールのはずです。
    これまでの iOS, Android 用に加えて OS X 用モジュールが追加されました。
  • 新機能: Qt Bluetooth
    Bluetooth Low Energy のサポートが正式版となりました。
    また、OS X のサポートも追加され、Linux, Android, iOS, OS X で Bluetooth Classic と Low Energy がサポートされました。
    LE サポート追加が記載されていないため、BlackBerry は Classic のみのサポートになると思います。
  • 新機能: Qt NFC
    neard を用いた Linux のサポートが追加されました。
  • 非推奨モジュール: Qt WebKit
  • 非推奨モジュール: Qt Declarative (Qt Quick 1)
  • 非推奨モジュール: Qt Script

Qt WebKit, Qt Quick 1, Qt Script の各モジュールが非推奨になりました。Qt Script の QScriptEngine の代わりには Qt QML の QJSEngine を使用することになります。

コメントを残す