カテゴリー別アーカイブ: Qt Creator

Qt Creator 3.4 ベータ版リリース

Qt Creator 3.4 beta1 がリリースされました。

新しいスタイルのシグナル・スロットへの対応や Android の 64bit ツールチェインへの対応などやバグフィックスが行われています。

また、商用版では Qt TestQt Quick tests を用いたユニットテストへの対応などが追加されているようです。

Qt Creator 3.3.2 リリース

Qt Creator 3.3.2 がリリースされました。

Qt Creator 3.3.1 がリリースされたばかりですが、以下の2点のみが修正されています。

  • OS X で Clang コードモデルプラグインの読み込みに失敗する問題(QTCREATORBUG-14038)
  • Qt Quick エミュレーションレイヤーがクラッシュする問題(QTCREATORBUG-14031)

Qt Creator 3.3.1 リリース

Qt Creator 3.3.1 がリリースされました。

Qt Creator 3.3.0 のバグフィックス版になります。
ただ、OS X 版のバイナリでは CLang コードモデルプラグインの読み込みに失敗するバグが復活しています。
OS X 版で CLang コードモデルを利用したい人は “Qt Creator.app/Contents/PlugIns/libclang.dylib” を
“Qt Creator.app/Contents/libclang.dylib” に移動させてください。

mv "Qt Creator.app/Contents/PlugIns/libclang.dylib" "Qt Creator.app/Contents/libclang.dylib"

Qt Creator 3.3.0 リリース

Qt Creator 3.3.0 がリリースされました。

変更内容の概要については「Qt Creator 3.3 ベータ版リリース」の記事を参照してください。

その他で気になる項目を以下に記載しておきます。

  • Qt Quick Profiler での Qt4 アプリケーションのパスが正しく取得できない問題の修正(QTCREATORBUG-13382)
  • QtQuick UI File の追加
    かなり以前(Nokia 時代)に “Proposal: Qt Quick Designer Workflow“(日本語訳) で提案されていたものに近い形で実装されています。拡張子が .ui.qml で終わる QML のサブセットを Qt Quick Designer で編集する UI フォームとして、実際の動作はそれに対応する別 QML ファイルに記述する形となります。

なお、3.3.0 から Qt Creator のビルドに必要な Qt が 5.3.1 以降に変更になりました。Qt Creator 上でそれ以前の Qt を用いたプロジェクトをビルドすることは当然可能です。

Qt Creator 3.3 ベータ版リリース

Qt Creator 3.3 ベータ版がリリースされています。

エディタの分割やマルチウィンドウサポートの改善を筆頭に、様々な改善が行われています。
大きめのプロジェクトを扱う人には qmake の非同期読み込みが便利でしょうか。

続きを読む Qt Creator 3.3 ベータ版リリース

Qt Creator を拡張する

少し前になりますが、Qt Creator の C++ エディタのリファクタリング機能に文字列リテラルのエスケープ・アンエスケープ機能を追加しました。次のマイナーバージョンアップ版となる Qt Creator 3.3 から利用可能になります。Qt Creator が良く作られているため、この機能追加は思った以上に簡単に行えました。参考用に簡単な説明資料を作成したので公開します。

続きを読む Qt Creator を拡張する

Qt 5.3.2 & Qt Creator 3.2.1 リリース

Qt 5.3.2 と Qt Creator 3.2.1 がリリースされました。

Qt 5.3.2

Qt Creator 3.2.1

どちらもバグフィックス版です。Qt Creator 3.2.1 に関しては 3.2.0 で発生していた OS X 版で CLang コードモデルプラグインが読み込めなかった問題やフリーズ、クラッシュなどの重要なバグが修正されています。Qt 5.3.2 に関してはバグフィックスと商用版のモジュールのアップデートが特徴のようです。