Qt Creator を拡張する

少し前になりますが、Qt Creator の C++ エディタのリファクタリング機能に文字列リテラルのエスケープ・アンエスケープ機能を追加しました。次のマイナーバージョンアップ版となる Qt Creator 3.3 から利用可能になります。Qt Creator が良く作られているため、この機能追加は思った以上に簡単に行えました。参考用に簡単な説明資料を作成したので公開します。

続きを読む

Qt 5.3.2 & Qt Creator 3.2.1 リリース

Qt 5.3.2 と Qt Creator 3.2.1 がリリースされました。

Qt 5.3.2

Qt Creator 3.2.1

どちらもバグフィックス版です。Qt Creator 3.2.1 に関しては 3.2.0 で発生していた OS X 版で CLang コードモデルプラグインが読み込めなかった問題やフリーズ、クラッシュなどの重要なバグが修正されています。Qt 5.3.2 に関してはバグフィックスと商用版のモジュールのアップデートが特徴のようです。

Qt 5.4 アルファ版リリース

Qt 5.4 アルファ版がリリースされました。

主な変更点を以下にまとめます。

  • WinRT のフルサポート
  • QOpenGLWidget の追加とそれに伴って旧 OpenGL モジュール(QGLで始まるクラス群)の非推奨化
  • QQuickRenderControl クラスの追加
    これまでは Qt Quick を QQuickWindow 以外へ描画することができませんでしたが、QQuickRenderControl を用いることでウィンドウ以外へ描画することができるようになります。
  • Windows 版でネイティブ OpenGL と ANGLE 版を動的に選択可能
    これまではコンパイル時にどちらを用いるかを決定する必要がありましたが、今後はアプリケーションの起動時にどちらを用いるかを指定できるようになります。アプリケーションの起動後には動的な変更はできません。
  • Qt Quick Controls での Android ネイティブスタイル
    なお、このモジュールは Apache 2.0 ライセンスのコードに依存しているため、LGPLv2 では利用できません。
  • Bluetooth Low Energy (Bluetooth LE)のサポート(テクノロジープレビュー)
  • Qt WebEngine モジュールの追加
  • Qt WebChannel モジュールの追加
    WebKit/WebEngine の JavaScript から C++(QObject) の機能を利用するためのモジュールです。QWidget 系のクラスを利用することはできませんが、Qt WebEngine で Qt WebKit Bridge と同様の機能を利用するための機能と考えてください。
  • LGPLv3 ライセンスの追加

続きを読む

Qt Creator 3.2.0 リリース

Qt Creator 3.2.0 がリリースされました。ベータ版、RC版の記事は書く余裕が無かったのでこの記事でまとめてお知らせします。

主な変更点は以下の通りです。

  • テキストエディタでブロック選択後に複数行を同時に編集する機能の追加(“Column Editing”)
  • ヘルプを別ウィンドウで表示可能に
  • C99の指示初期化子(designated initializer)や文字列の連結の C++ コードモデルへの追加。エンコーディングやラムダ関数サポートの改善
  • プロジェクトツリーペインなど、検索可能なペインの追加
  • QML プロファイラのパフォーマンス、安定性の改善(ex. QTCREATORBUG-12496)
  • デバッグヘルパの改善。カスタムデバッグヘルパ機能の追加
  • C++ コード補完の改善

Qt 5.3.1 & Qt Creator 3.1.2 リリース

Qt 5.3.1 と Qt Creator 3.1.2 がリリースされました。

どちらもバグフィックス版です。Qt 5.3系、Qt Creator 3.1系を使っている場合にはバージョンアップしましょう。

Qt 5.3.1の主な変更点は以下の通りです。

  • Qt Quick Engineのパフォーマンス改善(主にARM)
  • ANGLE での QQuickWidget
  • Mac OS X 10.10 の初期サポート
  • Android L の(初期)サポート
  • その他

続きを読む

Qt Developer Day 2014 Japanのスライド

先日開催された Qt Developer Day 2014 Japan のスライドが公開されました。

私が話した「Qt Quick の紹介」セッションも PDF とそのソースとなる QML のコードの両方を公開してあります。お勧めはもちろん QML の方ですので、是非そちらをダウンロードして実行してみてください。Qt 5.2 以降であれば動作するはずです。

後日、基調講演のビデオも公開されるようです。

プロキシ内でのオンラインインストーラ

プロキシ内から Qt のオンラインインストーラを使っている場合に正常にダウンロードが出来ない不具合が先日まで発生していましたが、それが解決されました。既に更新されたインストーラがリリースされています。

なお、プロキシがうまく動作しないバージョンがインストールされている場合は MaintenanceTool に “–proxy” オプション(ハイフンは2つ)をつけて実行すればシステムのプロキシ設定を用いて動かすことが出来ます。アンインストール前にお試しください。

Qt のあれこれ (仮)