Qt Creator 3.4.2 リリース

Qt Creator 3.4.2 がリリースされました。MSVC 2015 への対応と、valgrind でのクラッシュ修正が行われています。

バイナリ版は同時にリリースされた Qt 5.5.0 でビルドされています。
この影響で Windows 版で発生していたメニューの表示不具合(ex. “ファイル(F)” の “(F)” が表示されない)も修正されています。

Qt 5.4.2 リリース

Qt 5.4.2 がリリースされました。

Qt 4.8.7 と同様に多数の脆弱性の修正が行われています。

なお、Qt 5.4.0 にバイナリコンパチビリティが壊れている問題があるため、5.4.0 とのバイナリ互換性はありません。5.4.1 とのバイナリ互換性は確保されていますので、
5.4.0 からアップグレードする場合には注意してください。

Qt 4.8.7 リリース

Qt 4 系の最終リリースとなる(予定の) Qt 4.8.7 がリリースされました。

主な変更内容は以下の通りです。

  • 画像ハンドラのセキュリティアドバイザリーへの対応
  • libpng: 脆弱性修正のため、1.6.17 へ更新
  • libtiff: 脆弱性修正のため、4.0.3 へ更新
  • Mac OS X 10.10 Yosemite 上での動作を改善
    (正式サポートは Qt 5 系でのみ行います)

Qt 4.8.7 は Qt 4 系の最終リリースとなる予定です。
標準サポートも 2015 年の 12 月までとなり、その後は延長サポートとなります。
また、新しくサポート対象 OS やコンパイラの追加は行いません。
既存のプロジェクトは Qt 5 への以降が推奨されます。

qbs 1.4.0 リリース

qbs 1.4.0 がリリースされました。

qbs は次世代のビルドツールとして開発が行われているツールです。
1.4.0 では Android への実験的なサポートなどが追加されています。

特に Windows ではビルド速度がとても速くなるそうなので、気になった方は調べてみて下さい。

Qt Creator 3.4.0 リリース

Qt Creator 3.4.0 がリリースされました。

3.4.0 では C++ サポートが拡充されています。

  • クラスの宣言に含まれているすべての関数定義を外部に移動するリファクタリングアクション
  • Qt5 で対応した 新しい書式のシグナル・スロット の補完
  • クイックアクセスにすべてのインクルードされているファイルへのアクセス用フィルタが追加され、フィルタを指定しない場合のデフォルトになりました

“Qt Creator 3.4.0 リリース” の続きを読む

セキュリティアドバイザリー: BMP, ICO, GIF 画像処理の脆弱性

BMP, ICO, GIF の画像処理に関するセキュリティアドバイザリーが公開されています。Qt 5.4.1 を含むすべての Qt に影響します。

不正な BMP, ICO あるいは GIF ファイルを読み込んだ際に、DoS 脆弱性またはバッファオーバーフローが発生します。後者の場合は任意のコードが実行される可能性があります。アプリケーション側で可能な対応はなく、リリースを待って Qt 5.5 を使用するか、以下のパッチを当てた Qt を使用する必要があります。Qt 4.8.7 と 5.4.2 はこれらのパッチを適用してリリースされます。

CVE-2015-1858 BMP vulnerability
CVE-2015-1859 ICO vulnerability
CVE-2015-1860 GIF vulnerability