Qt5のブランチ

これまで master ブランチをメインに開発が進められてきた Qt5 の各モジュールですが、5.0.0 のリリースが近づいてきたのをきっかけにブランチの変更が行われました。

今後は master の代わりに dev か stable ブランチを使う事になります。

  • dev: 開発版。とはいってもソース・バイナリコンパチビリティの確保は必要で、不完全な新機能の追加なども禁止です。ドキュメント・テストも含めて開発が完了した新機能の追加が可能です。Qt 5.1 になるブランチです。
  • stable: 基本的に JIRA にあるバグ修正専用。新機能の追加等は禁止です。Qt 5.0 系用のブランチです。

新機能の開発用にブランチが必要な場合はこれらとは別にブランチが作成されます。
また、初期の議論ではリリース後に release ブランチを作成するとも書かれています。

関連する議論はこちら

関連記事

コメントを残す