「Qt」カテゴリーアーカイブ

Qt 5.7 アルファ版リリース

Qt 5.7 アルファ版がリリースされました。Qt 5.6.0 が遅れた関係で、アルファ版のリリースそのものは 5.6.0 のリリースの前に行われています。

Qt 5.7 では環境面での変化が大きいため注意してください。

  • ライセンスの整理が行われ、LGPLv2 が選択肢から無くなります。LGPL 版が必要な場合は LGPLv3 のみ選択可能です。また、モジュールによっては LGPL が提供されず、GPLv3 版か商用版のみになります(商用版からオープンソース版が追加されたモジュールなど)。
  • C++11 が必須となります。そのため、利用可能なコンパイラなどが 5.6 までと比べて大きく変わる予定となっています。

5.7 の主な新機能は以下の通りです。

  • Qt WebEngine: Chromium 49 ベースに更新
  • Qt QML: QJSEngine 用デバッガ
  • Qt Quick: QQuickWindow とその派生クラス用インスペクタ
  • Qt Bluetooth: (BLUZのみ) Low Energy peripheral role(子機用API?)
  • Qt 3D: 正式リリース
  • Qt Quick Controls 2: 正式リリース
  • Qt SerialBus: 正式リリース
  • Qt Charts: オープンソース版をリリース
  • Qt Data Visualization: オープンソース版をリリース
  • Qt Virtual Keyboard: オープンソース版をリリース
  • Qt Purchasing: オープンソース版をリリース
  • Qt Quick 2D Renderer: オープンソース版をリリース
  • Qt Wayland Compositor: テクニカルプレビュー版リリース
  • Qt SCXML: テクニカルプレビュー版リリース
  • Qt Script: 非推奨へ
  • Qt Enginio: リリースバイナリから削除

Qt 5.6.0 リリース

Qt 5.6.0 がリリースされました。

当初の予定から三ヶ月遅れましたが、ようやく Qt 5.6 がリリースされました。Qt 5.6 は 最低3年間サポートする Long Term Support(LTS) 版となります。商用版のサポートを利用している人はこれまでも2年以上の期間のサポートされていましたので、そんなに変わらないのではないかと思われるかもしれません。しかし、Qt Project のサポートと The Qt Company のサポートは意味合いが全く異なることに注意してください。

これまでの Qt のリリースポリシーでは「パッチは基本的に最新バージョンにのみ適用(セキュリティパッチは除く)」としていました。メジャーバージョンの変更時(ex. Qt4 → Qt5)では古いバージョンが長くメンテナンスされることもありましたが、バグ修正は基本的に最新版に対して行われ、旧バージョンが修正されるかどうかはケースバイケースでした。また、商用サポートでは Q&A に対応してバックポートパッチを出すことはありますがマイナーバージョンが古い Qt が継続的に修正されることはありません。このため、これまでは新しいマイナーバージョンが出ると古いマイナーバージョンが新しくリリースされることはありませんでした。

Qt 5.6 の LTS ではサポート期間バグ修正を行い、パッチリリース(5.6.x)を続けることになっています。

なお、Qt 5.6 は C++11 を必要としない最後の Qt となる予定です。

Qt 5.6 の主な変更点は以下の通りです。

続きを読む Qt 5.6.0 リリース

Qt 5.4.2 リリース

Qt 5.4.2 がリリースされました。

Qt 4.8.7 と同様に多数の脆弱性の修正が行われています。

なお、Qt 5.4.0 にバイナリコンパチビリティが壊れている問題があるため、5.4.0 とのバイナリ互換性はありません。5.4.1 とのバイナリ互換性は確保されていますので、
5.4.0 からアップグレードする場合には注意してください。

Qt 4.8.7 リリース

Qt 4 系の最終リリースとなる(予定の) Qt 4.8.7 がリリースされました。

主な変更内容は以下の通りです。

  • 画像ハンドラのセキュリティアドバイザリーへの対応
  • libpng: 脆弱性修正のため、1.6.17 へ更新
  • libtiff: 脆弱性修正のため、4.0.3 へ更新
  • Mac OS X 10.10 Yosemite 上での動作を改善
    (正式サポートは Qt 5 系でのみ行います)

Qt 4.8.7 は Qt 4 系の最終リリースとなる予定です。
標準サポートも 2015 年の 12 月までとなり、その後は延長サポートとなります。
また、新しくサポート対象 OS やコンパイラの追加は行いません。
既存のプロジェクトは Qt 5 への以降が推奨されます。

Qt 5.4.1 リリース

Qt 5.4.1 がリリースされました。

Qt 5.4.0 のバグフィックス版になります。

主な修正内容を列挙します。

  • Windows(MSVC 2012 or 2013) 版の Qt 5.4.0 で Qt 5.3.2 とのバイナリ互換性が壊れていた問題を修正
    このため、Qt 5.4.1 は Qt 5.3 とのバイナリ互換性はありますが、5.4.0 とのバイナリ互換性はありません。
  • Windows 版 Qt 5.4.0 で Qt Quick Engine の JIT がデフォルトで無効になっていた問題の修正(QTBUG-43171)
  • Open GL/ES 3 に対応していないマシン上で ES 3 の命令を使おうとする問題の修正(QTBUG-43318)
  • OS X 版で不要なリンクパスが埋め込まれていた問題の修正(QTBUG-42594)
    Mac Ports がインストールされている環境で Assistant 等が起動しない可能性があります。
  • macdeployqt が 5.4 でデグレードしていた問題の修正(QTBUG-43100)
  • WinRT 関連の修正
  • Windows 10 Tech Preview の対応

Qt 5.4.0 リリース

Qt 5.4.0 がリリースされました。新モジュールの追加と新たなライセンスとして LGPLv3 が追加になっています。
特に組込向けでは LGPLv3 による影響が大きい場合があるため、オープンソース版を使用する際には注意してください。

Qt 5.4 では Web 系を中心にいくつかの新しいモジュールが存在します。

  • Qt WebEngine
  • Qt WebChannel
  • Qt WebView(テクニカルプレビュー)
  • Qt Canvas3D(テクニカルプレビュー)

また、Qt WebKit モジュールのステータスが “Done” (完了)に、
Qt OpenGL モジュール(QGLで始まるクラス)は “Deprecate” (非推奨)に変更になりました。

OpenGL や Qt Quick 系も多数の変更があり、例えば新たな API である QQuickRenderControl クラスを使用して、
3D シーンの中で QML を動かすような事も(理論上は)可能になりました。

細かなところではQML State Machine Framework や QStorageInfo クラス、
Wayland QPA プラグインなども活用が期待される機能です。
特に QML State Machine Framework は Ford 社からコントリビューションされたということも注目されています。

なお、Qt のロゴが変更されて、このリリースからフラットデザインになっています。Qt Quick Controls のフラットスタイルもこれに合わせて
作成されたものでしょうか。オンラインインストーラでアップデートした場合には Qt Creator のアプリケーションアイコンが古いままになる場合も
あるようなので、新しいロゴで使いたい方は一度アンインストールしてから最新版をインストールしてみてください。

テクニカルプレビューで Qt 5.4 に入るといわれていた Qt 3D については残念ながらリリースに含まれなかったようです。