Qt 5.6.0 リリース

Qt 5.6.0 がリリースされました。

当初の予定から三ヶ月遅れましたが、ようやく Qt 5.6 がリリースされました。Qt 5.6 は 最低3年間サポートする Long Term Support(LTS) 版となります。商用版のサポートを利用している人はこれまでも2年以上の期間のサポートされていましたので、そんなに変わらないのではないかと思われるかもしれません。しかし、Qt Project のサポートと The Qt Company のサポートは意味合いが全く異なることに注意してください。

これまでの Qt のリリースポリシーでは「パッチは基本的に最新バージョンにのみ適用(セキュリティパッチは除く)」としていました。メジャーバージョンの変更時(ex. Qt4 → Qt5)では古いバージョンが長くメンテナンスされることもありましたが、バグ修正は基本的に最新版に対して行われ、旧バージョンが修正されるかどうかはケースバイケースでした。また、商用サポートでは Q&A に対応してバックポートパッチを出すことはありますがマイナーバージョンが古い Qt が継続的に修正されることはありません。このため、これまでは新しいマイナーバージョンが出ると古いマイナーバージョンが新しくリリースされることはありませんでした。

Qt 5.6 の LTS ではサポート期間バグ修正を行い、パッチリリース(5.6.x)を続けることになっています。

なお、Qt 5.6 は C++11 を必要としない最後の Qt となる予定です。

Qt 5.6 の主な変更点は以下の通りです。

“Qt 5.6.0 リリース” の続きを読む

Qt Creator 3.5 ベータ版リリース

Qt Creator 3.5 ベータ版がリリースされました。

主な変更点は以下の通りです。

  • ブレークポイントや検索結果の位置情報をコードエディタのスクロールバー上に表示
  • C++ コードモデルの修正
  • Clang ベースのコードモデルのリファクタリング(別プロセス化)
  • 非推奨となった Qt Quick 系機能の削除

Qt Quick 1 や Qt 5.0, 5.1 の Qt Quick 2 を使用している人は最後の項目に注意してください。
削除されたのは以下の項目です。

  • Qt Quick Designer での Qt Quick 1 サポート
  • Qt Quick 1 用アプリケーションのウィザード
  • Qt 5.0, 5.1 の Qt Quick 2 で使用されている V8 JavaScript エンジンのプロファイリング

QML エディタ上の Qt Quick 1 対応や Qt Quick 1 のプロファイリング機能は削除されずに残っています。
上記の機能が必要な方は Qt Creator 3.4 を使用してください。

Qt Creator 3.4.2 リリース

Qt Creator 3.4.2 がリリースされました。MSVC 2015 への対応と、valgrind でのクラッシュ修正が行われています。

バイナリ版は同時にリリースされた Qt 5.5.0 でビルドされています。
この影響で Windows 版で発生していたメニューの表示不具合(ex. “ファイル(F)” の “(F)” が表示されない)も修正されています。

Qt 5.4.2 リリース

Qt 5.4.2 がリリースされました。

Qt 4.8.7 と同様に多数の脆弱性の修正が行われています。

なお、Qt 5.4.0 にバイナリコンパチビリティが壊れている問題があるため、5.4.0 とのバイナリ互換性はありません。5.4.1 とのバイナリ互換性は確保されていますので、
5.4.0 からアップグレードする場合には注意してください。

Qt 4.8.7 リリース

Qt 4 系の最終リリースとなる(予定の) Qt 4.8.7 がリリースされました。

主な変更内容は以下の通りです。

  • 画像ハンドラのセキュリティアドバイザリーへの対応
  • libpng: 脆弱性修正のため、1.6.17 へ更新
  • libtiff: 脆弱性修正のため、4.0.3 へ更新
  • Mac OS X 10.10 Yosemite 上での動作を改善
    (正式サポートは Qt 5 系でのみ行います)

Qt 4.8.7 は Qt 4 系の最終リリースとなる予定です。
標準サポートも 2015 年の 12 月までとなり、その後は延長サポートとなります。
また、新しくサポート対象 OS やコンパイラの追加は行いません。
既存のプロジェクトは Qt 5 への以降が推奨されます。