Windows Runtime 向け Qt5 のポーティングがスタート

Windows Runtime(WinRT) とは Windows 8 のモダン UI のベースとなるプラットフォームです。今までは WinRT への Qt のポーティングは調査中と言うことでしたが、その開始が Digia の Qt blog で宣言されました。

まずは QPainter(QtWidgets) を動かすところからはじめて、ANGLE のポーティングによる OpenGL および QtQuick への対応、また、Qt Creator のプラグインなどを計画しているそうです。コメントによると QtWidgets は既に動いているようです。

詳しいことは Wiki の記述をチェックしてみてください。

こうなると気になってくるのが Windows Phone 8(Windows Phone Runtime)への対応でしょうか。Window Runtime と Windows Phone Runtime の API は共通の部分もあるものの、全く同じものではありませんので、これをそのまま用いることは出来ないかもしれませんが、これをベースに Windows Phone 8 で Qt5 を動かそう としている人もいるようです。

なお、ポーティングが始まったとはいえまだまだリサーチプロジェクトの段階で、今年の後半に予定されている Qt 5.2 である程度の形になることを目標にしているそうです。

関連記事

コメントを残す