Qt 5.2 ベータ版リリース

Qt 5.2 ベータ版がリリースされました。

Qt 5.2 では Android と iOS を正式サポートしますが、iOS 版のバイナリパッケージが初めてリリースされたことになります。
これは Qt Quick / Qt Qml モジュールの刷新によるもので、これにより Apple の AppStore に Qt アプリが提出可能となりました。

この他にも新しいモジュールの追加など、多数の変更が加わっています。

  • Qt Bluetooth: Linux の Bluez 4.x と Blackberry をサポート
  • Qt NFC: Blackberry をサポート
  • Qt Positioning: 全プラットフォームで NMEA フォーマットを、Linux で GeoClue をサポート
  • Qt Windows Extras: Windows 特有機能のサポート
  • Qt Mac Extras: Mac OS X 特有機能のサポート
  • Qt Android Extras: Android 特有機能のサポート
  • QTimeZoneQCollator の追加によるロケール関連の改善
  • Qt Widgets 関連の改善や新クラス(QKeySequenceEdit)
  • QML の アニメーション がメインスレッドの高負荷によって停止しなくなりました
  • Qt Quick Controls の新機能やモバイルプラットフォーム向けの機能追加
  • アクセシビリティが全デスクトッププラットフォームで正式サポートとなり、Android 向けに基本機能をサポートしました

関連記事

コメントを残す