Qt 5.6.0 リリース

Qt 5.6.0 がリリースされました。

当初の予定から三ヶ月遅れましたが、ようやく Qt 5.6 がリリースされました。Qt 5.6 は 最低3年間サポートする Long Term Support(LTS) 版となります。商用版のサポートを利用している人はこれまでも2年以上の期間のサポートされていましたので、そんなに変わらないのではないかと思われるかもしれません。しかし、Qt Project のサポートと The Qt Company のサポートは意味合いが全く異なることに注意してください。

これまでの Qt のリリースポリシーでは「パッチは基本的に最新バージョンにのみ適用(セキュリティパッチは除く)」としていました。メジャーバージョンの変更時(ex. Qt4 → Qt5)では古いバージョンが長くメンテナンスされることもありましたが、バグ修正は基本的に最新版に対して行われ、旧バージョンが修正されるかどうかはケースバイケースでした。また、商用サポートでは Q&A に対応してバックポートパッチを出すことはありますがマイナーバージョンが古い Qt が継続的に修正されることはありません。このため、これまでは新しいマイナーバージョンが出ると古いマイナーバージョンが新しくリリースされることはありませんでした。

Qt 5.6 の LTS ではサポート期間バグ修正を行い、パッチリリース(5.6.x)を続けることになっています。

なお、Qt 5.6 は C++11 を必要としない最後の Qt となる予定です。

Qt 5.6 の主な変更点は以下の通りです。

  • Windows 10(win32 と WinRT の双方)を正式にサポート
  • Windows Embedded Compact 2013 サポートの追加
  • High DPI サポートの刷新
  • Qt Core: コンテナクラスに reverse iterator と key_iterator, const_iterator を追加
  • Qt Network: HTTP リダイレクトに対応
  • Qt Widgets: ドックウィジェットのコードからのリサイズ対応など
  • Qt Location: 正式リリース。HERE, MapBox, Open Street Map に対応
  • Qt NFC: Android サポート
  • Qt Positioning: OS X サポート
  • Qt WebView: WinRT サポート
  • Qt WebEngine: Chromium 45 ベースに更新

テクノロジープレビュー版のモジュールは以下の通りです。

  • Qt 3D(Qt 5.5から引き続き)
  • Qt Quick Controls 2
  • Qt SerialBus

なお、以下のモジュールがバイナリパッケージから削除されています。

  • Qt WebKit
  • Qt Quick 1
  • MNG, JPEG2000 用イメージフォーマットプラグイン

また、以下のモジュールが非推奨となりました。

  • Qt Script
  • Qt Enginio

関連記事

コメントを残す